協電社 宮城県仙台市若林区志波町15-24/TEL 022-231-5446/FAX 022-231-5447



トップ会社概要事業内容リクルートお問い合わせ

ご挨拶お問い合わせアクセスマップ
 
現在、全世界において経済不況が蔓延し、日本でも中小はもとより大手企業までが倒産という最悪の事態が現実となり、何時終焉を迎えるかも分からないのが実状ですが、この状況を早く、スムーズに、被害を最小限度に抜け出す事が理想であると思われます。

本来勤勉で優秀な人材が非常に多いこの日本で、何故ここまで不況の波が押し寄せ現実に影響を受けているのか、 私の意見とすれば戦後現在の社長様、役員様、先輩方皆様が苦労と努力を一手に担って頂いた事で、日本は世界に比べて見ても稀に見る速さで高度経済成長という名の飛躍を成し遂げました。これは、先輩方が敗北の悔しさと危機感を抱き、努力を継続し、成し得た結果だと思っております 。
単刀直入に言えば、常に挑戦者の気持ちで戦っていた、ということではないでしょうか?
それに引き換えここ数年の創業の企業は諸先輩方のように本当の努力をしてきたのか?
おそらく“いいえ”が大半を占めるのではないでしょうか?
私達は、諸先輩方が経済大国日本に押し上げてくれたように、忘れていた危機感と努力という言葉を念頭に置き、不況という厳しい現実を口実にせず挑戦者として更なる出発をしなければいけないのではないかと感じています。
当社が事業基盤をおく電力市場および情報通信市場は、規制緩和とIT戦略によって劇的な競争が繰り広げられております。こうした環境を十分に認識した上で、活気ある企業と成るべく、従業員一人一人が甘えず自覚を持ち、自主的に考えて行動する事、日々切磋琢磨し、努力を継続することが最重要ではないかと日夜指導しております。
私共は、電気業界から更なる飛躍の起爆剤となる事、例え小さな事でも妥協をせず微力ながらでもこの日本経済とクライアントの為に貢献できるよう、全従業員が一丸となり、これからも努力を継続し、より良い施工とサービスを遂行する事をここにお約束致します。
 
  有限会社 協電社
代表取締役 春山 俊和
 

Page Top
Copyright (C) 2006 Kyohdensya All right reserved.